一生に一度の夢、大切にカタチにします。

2×4について

HOME | 池上建設の家づくり | 2×4について

歴史に裏付けされた、強度・快適性にも優れた住宅性能

予め工場で壁パネルなどを生産し、現場でくみ上げる建方により工期の短縮がはかれます。また、構造材やくぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定、マニュアル化されているため、どの住宅にも均一な品質と性能を実現することができます。

北米の過酷な自然環境に耐える
伝統のツーバイフォー工法

現在も北米で建てられる木造住宅の90%以上がツーバイフォー工法。正式には枠組壁工法といわれ、床面と壁面とで組み立てられる壁式構造の工法です。メインに使用される構造材が2インチ×4インチであることからツーバイフォーと呼ばれます。北米の過酷な自然条件の中から生まれ育った工法で、高い断熱性と気密性、安全で快適な暮らしを生む数々の優れた性能を数多く持ち合わせた工法です。
日本でも札幌時計台をはじめ、明治時代の美しい木造洋館の数々がツーバイフォーによる建築物であるという事実が、その工法の優秀さを証明しています。池上建設はこのツーバイフォー住宅にいち早く着目し、昭和59年に県北で他社に先駆けて施工に着手。以来、ツーバイフォーならではの自由設計のメリットを生かし、お客様の要望に応じてきめ細かく対応し、数多くの実績を積み重ねてまいりました。

床+壁+屋根 で支える
モノコック構造だから
地震や台風に強い家ができます

6面体の構成

「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたもので、新幹線、F1レーシングカーにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。 モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。

大地震が実証した、ツーバイフォー住宅の強さ

ツーバイフォー住宅を特徴づけるのは「面構造」です。
揺れを面全体で受け止めるツーバイフォー。

ツーバイフォー住宅と在来鉄骨軸組工法による住宅に、
それぞれの建物の重さに比例した力を加えて、
その伝わり方を比較したものです。
色が黄・赤に近いほど負荷が大きいことを示します。

ツーバイフォー工法

●ツーバイフォー住宅(左)

枠組みされた木部分と構造用合板が「面」となって、揺れの力を受け止め、分散・吸収していることがわかります。

従来鉄骨軸組工法

●在来鉄骨軸組工法の住宅(右)

加えた力が柱や接合部などに集中。部分的に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

阪神・淡路大震災にも耐えた新潟県中越地震でも強さを証明。
東日本大震災でも98%※は補修不要。
(※津波被害を除く場合)

震度7の阪神・淡路大震災に
耐えたツーバイフォー。

東日本大震災の津波に耐えた
ツーバイフォー。

震度7の新潟県中越地震に
耐えたツーバイフォー。/p>

台風や広戸風にも強いツーバイフォー住宅。

津山市から奈義町付近でみられる日本三大局地風の一つとされている広戸風。最大瞬間風速50m/sを超える場合もあり、山林の倒木や家屋に大きな被害をもたらします。そんな厳しい県北の気象を知り尽くした池上建設のツーバイフォー住宅は、強風に対しても優れた強度を備えています。台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されているからです。

ツーバイフォーの壁体構造が、
極めて高い防火性を実証

ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。また床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区画がいくつもつくられているのと同じ状態です。さらにツーバイフォー住宅はすべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5mm以上の石こうボードが貼られます。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

 

冷暖房費を節約し、
地球と家計に優しい家は
驚きの気密性と断熱性が実現させます

過酷な自然条件の中で長い歴史を刻んできたツーバイフォー住宅ですから、気密性と断熱性の高さは最も大きな特長といえるでしょう。もともと気密性の高い壁体構造に加え、断熱材を効果的に使用することで、住まいの断熱効果を飛躍的に高めています。
気密性の高いツーバイフォー住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性も備えています。

 

床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい工法となっています。

また、外壁室内側のせっこうボードの下側に全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値)を少なくでき、漏気による壁内結露などを防ぐことが出来ます。

自由設計だから
プランもデザインも自由自在
想いをカタチにするツーバイフォー

外観デザインは個性的に、表情豊かに、おどろくほど多彩な表現が可能です。インテリアも、たとえば柱のないスッキリした設計で、広々とした大空間のある建物をつくることもできます。ツーバイフォー工法なら空間設計にも自分のスタイルで、自由な発想が活かされます。

 

  • 本社0868-24-0471〒708-0006岡山県津山市小田中2188-19
  • 津山イーストランド住宅展示場0868-20-1167〒708-0841岡山県津山市川崎127-1
  • 不動産事業部0868-25-0213〒708-0006岡山県津山市小田中2188-19
TOP